総合Top <2ndTop <3rdTop <4thTop <5thTop <6thTop

おいしい木の実や草のコーナー
じょうほう-2

書いた日 2004年8月19日
木や草のなまえ キンカン
いろんなこと  キンカンを知ってますか。テレビから聞こえてくる「キンカンぬって、またぬって〜」とうたわれている、あのキンカンのげんりょうとなっているフルーツです。
 キンカンをかんじでは「金柑」と書きますが、まだおぼえなくていいです。それよりも先に、このキンカンが本当はおいしいミカンの仲間で、やっぱりおいしいことを知ってください。秋から冬にいっぱい食べるふつうのミカン(温州ミカンのことですが、これもまだおぼえなくていいです)のお友達です。
 色も、においも、ふつうのミカンといっしょですが、大きさはすごく小さいです。形もまん丸いものと、少しだけ細長いものがあります。キンカンの中にはタネが多いけど(さいきん、タネのないキンカンもつくれるようになりました)、そのまま、丸ごと食べられます。皮ごと食べられるんですよ。少しすっぱいけど、元気なみんなならおいしく食べられると思います。冬になるとスーパーマーケットでも売っています。
木や花のこと  木はふつうのミカンや夏ミカンの木を小さくしたかんじです。葉っぱも小さくて、ほかのミカンよりもっと細長いのがわかります。花は5月6月7月あたりに白くて小さな花をいっぱいつけます。葉っぱを手にとってつぶしてニオイをかぐとミカンのニオイがします。とてもきれいなニオイです。花は秋冬になるとおいしいキンカンになります。キンカンをいっぱい食べてカゼをひかないようにしましょう。
 左写真は2004/7/22にうつしたお花です。右写真は2004/8/7のキンカンです。
食べられるきせつ  おいしく食べられるのは秋から冬です。「公園でフルーツや山菜を探そう」でさがしてみましょう。
しゃしん

書いている人/やまざき まこと

じょうほう-2(4th) じょうほう-1 木の実や草Top KidsひろばTop
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO